« 早速Windows 8.1にアップデートしてみた(Windows Updateではなくストアで) | トップページ | Windows8.1標準機能でリカバリーディスクを作成する »

2013年10月28日 (月)

Windows 8.1にアップデート後、IE11でGoogleの検索結果が崩れる

Windows 8.1に更新すると、IEのバージョンが早くも11になっている。

 

IEのバージョンが上がると必ず何か問題が起こりますが、今回は、Googleの検索結果が細長く表示されて崩れてしまい、とても見づらい状況になってしまいます。

 

image

 

 

互換表示が有効になってしまっているのかな?と思って、

 

歯車の[ツール]ボタンから、[互換表示設定]を見てみても、Googleは対象に入っていません。当たり前か。

 

では、IE11特有のバグなのかと思って、別のWin8.1のパソコンを出してきて、同じようにGoogle検索をすると、きちんと表示されていました。

 

とりあえず、アドレスバーからの検索ではなく、一度Googleのトップページから検索してみようと思い、Googleのトップページに行くと、右上に「互換表示設定が有効になっているようです」と吹き出しが出てきたのです。

 

「ああ、やっぱり互換表示設定なの?」と思い、もう一度歯車の[ツール]ボタンから、[互換表示設定]を見てみても、やっぱりGoogleは対象に入っていません。そりゃそうだ。さっき確認しましたからね。

 

image

 

互換表示設定画面の、「Microsoft互換リストの使用」というチェック項目が非常に怪しく感じてきたので、一度チェックを外して試してみると・・・

 

image

 

キタ━━━(゚∀゚)━━━!マイクロソフトの陰謀か!?

 

image

 

ちなみに弊社は、「堺市 パソコン修理」で3位です。

|

« 早速Windows 8.1にアップデートしてみた(Windows Updateではなくストアで) | トップページ | Windows8.1標準機能でリカバリーディスクを作成する »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75977/53750911

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 8.1にアップデート後、IE11でGoogleの検索結果が崩れる:

« 早速Windows 8.1にアップデートしてみた(Windows Updateではなくストアで) | トップページ | Windows8.1標準機能でリカバリーディスクを作成する »