« Windows8でマイクロソフト時代が終焉 | トップページ | Windows8アップグレード後、不明なデバイス「Microsoft ACPI-Compliant System」を解決する方法 »

2013年1月22日 (火)

NTT西日本光フレッツネクストのインストール中に、セキュリティ対策ツールを選択出来ない

パソコンが複数台あるので、セキュリティソフトは全て「Microsoft Security Essentials」を使用していました。

NTT西日本光フレッツネクスト「隼」に変更したこともあり、せっかく無料でついているので、セキュリティ対策ツールをインストールしようと思い立ちました。

早速「インストールツール」をダウンロードして、「追加設定」を選ぶと・・・

えーΣ(゚Д゚;なんで~!?

なんと肝心の「セキュリティ対策ツール」がグレーアウトして選択出来ないのです!

Nttfletssetuptool

このパソコンいつからセキュリティ対策ツールを使ってないんだろーか?

プレミアムの時には使っていた記憶が確かにある。ネクストにしてからは・・・???

このPCはWindows7Enterpriseの32bit版なので、Proとかだったらいけるのかな~?と思ったので、古いPCで試してみると、やっぱり選択出来る。

こうなったら邪道ですが、無理矢理インストールしてやろうと思ってきました。

しかし、以前のインストールツールとは仕組みが変わっていて、なんと選択後にダウンロードと展開を行う仕組みになっているではないかっ!

こしゃくな~、ってことで意固地になってやったやり方を書いておきます。

  1. ターゲットと同じOSで同じbit数の(64bitなら64bit、32bitなら32bitの)、別の当て馬用PCを用意する。
  2. 当て馬用PCには予め別のセキュリティソフトを入れておく。(Microsoft Security Essentials)
  3. 当て馬用PCの「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Temp」を開いて極力空っぽにしておく。
  4. 当て馬用PCにインストールツールを使用して、「追加設定」でセキュリティ対策ツールをインストールしようとする。
  5. 途中でPCの名前などを聞かれるが、ここでは当て馬用PCにインストールしているのだが、あくまでもターゲットPCにインストールするつもりで入力していく
  6. 途中で「別のセキュリティソフトが入っているためインストール出来ません」的なメッセージで止まる。
  7. 止まった時に、「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Temp」を開いて、「nttw-sec-v7」というフォルダが出来ているので、それをどこか別フォルダにコピーする。
  8. 止まっていたインストーラを、中止する。
  9. コピーした「nttw-sec-v7」というフォルダをターゲットPCにコピーし、中身を使ってインストールする。

以上で完了しました。

|

« Windows8でマイクロソフト時代が終焉 | トップページ | Windows8アップグレード後、不明なデバイス「Microsoft ACPI-Compliant System」を解決する方法 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

そういう場合は、「Microsoft Security Essentials」を、アンインストールしてから、再度、インストール処理を試してみてください。うちは、最初に、ウイルスバスタークラウドというのが入っていて、プロバイダーは、BBIQなんですけれど、トータルセキュリティーに、「McAfee」が、しょうかいされていたので、やはり、ウイルスバスターをアンインストールしてから、McAfeeを、入れました。
くだらない回答ですが、どうぞ、試してみてください!!!

投稿: 名無しのゴンベー | 2013年2月 5日 (火) 18時58分

今更ですが・・・。
たしか、N西のセキュリティー対策ツールはWindows7 Enterpriseには対応していなかったような・・・。
(たしか、XPのメディアセンターエディションにも対応していなかったはず)

投稿: | 2014年11月20日 (木) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75977/48861964

この記事へのトラックバック一覧です: NTT西日本光フレッツネクストのインストール中に、セキュリティ対策ツールを選択出来ない:

« Windows8でマイクロソフト時代が終焉 | トップページ | Windows8アップグレード後、不明なデバイス「Microsoft ACPI-Compliant System」を解決する方法 »