« IE9でFlash Playerをインストールしてもインストールされていない | トップページ | 自作ブログだけでなくサイト(ホームページ)自体をWordPress化する »

2012年8月31日 (金)

PHPのsendmailで「なりすまし」と見なされるケータイへメールの回避方法

整骨院用の「WEB用予約管理システム」を開発していると、管理者のケータイへの通知メールが、「なりすまし」として扱われてしまい、届かなくなることが分かりました。

ケータイの迷惑メール対策で、キャリア側(ここではau)で「なりすまし規制」が「(高)設定にする」に設定されているのを、中以下に設定すると、ちゃんと届いたので、なりすまし規制に引っかかっているのは間違いなさそうだ。

デフォルトで「(高)設定にする」にされているので、通常届かないってことになる(^-^;)

「でも、マクドナルドのメルマガとか普通に届いてるやんけ~」みたいなことで、ちょっとっていうかガッツリ調べてみました。

各キャリアのメールサーバーが、「送信ドメイン認証」という技術で、なりすましメールかどうかを判定しているそうです。

ここが分かりやすかったのでどうぞ→http://ms.repica.jp/contents/winmail/008.html

自社のWEBサーバーのDNS設定に、SPFレコードというのを設定すれば、その認証問合せにちゃんとレスポンスを返せるってことらしいのです。

弊社はエックスサーバー(xserver)なので、そこら辺は親切にマニュアルに掲載済でした。

xserver-dns-spf-setting

モザイクで伏せているところは、全部同じIPv4のアドレスです。

pasoall.com TXT v=spf1 +ip4:NNN.NNN.NNN.NNN ~all

という風に設定しました。

これがちゃんと機能しているかをチェックするサイトもありましたのでどうぞ→http://www.sendmail.co.jp/sa/spfcheck.html

こんな感じで表示されれば、成功です。

spf-pass

がしかし!この設定をして、すぐにはDNSが更新されていないので、Passと出ません。

私の場合は、翌日にやってみるとちゃんと通りました。

30分くらい待ったらいけるのかも。

|

« IE9でFlash Playerをインストールしてもインストールされていない | トップページ | 自作ブログだけでなくサイト(ホームページ)自体をWordPress化する »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75977/46903688

この記事へのトラックバック一覧です: PHPのsendmailで「なりすまし」と見なされるケータイへメールの回避方法:

« IE9でFlash Playerをインストールしてもインストールされていない | トップページ | 自作ブログだけでなくサイト(ホームページ)自体をWordPress化する »