« BUFFALOエアステーション[WHR-G301N]2台でAOSSを使ったWDS(エアステーション間通信)の設定方法 | トップページ | Windows7ジャンプリストへ任意のファイル(フォルダ)を追加する方法 »

2012年5月 7日 (月)

激減したSkyDriveの容量を7GBから25GBに戻す

SkyDriveがリニューアルして、機能が盛りだくさんになったようです。

リニューアルというといいことばかりのような気がしますが、実は容量が25GB無料で使えていたのに、7GBに激減しました。

「以前から使用していたユーザーは25GBのまま」との記述があったので、早速SkyDriveにログインして、左下に表示されている空き容量を見ると・・・

「えーΣ(゚Д゚;7GBになってもーてるやん!」

焦って、同じく左下の空き容量の下にある「容量の管理」をクリックしてみると・・・

25GBのところに「無料でアップグレード」みたいなボタンがありました。

それをクリックすると見事に25GBになりました。

 

そしてついでに「SkyDriveアプリの入手」とあったので、クリックしてみると・・・

「開かねーじゃねか!?」

一応ダメもとでリンクを右クリックし、ショートカットのコピーをして、アドレスに貼り付けてアクセスすると・・・アクセス出来ました(^-^;)

スマートフォンは持っていないので、PC用ソフトをダウンロードしてインストールしてみました。

なんとPC上のフォルダと同期出来るらしく、インストール途中で、同期したいフォルダを選択しろと言われるが、その瞬間にユーザーのフォルダ内にSkyDriveのフォルダが自動で出来ている。しかもアイコンもSkyDriveだ。

ユーザーフォルダを別ドライブにしているので、その勝手に出来ているSkyDriveフォルダを別ドライブに移動(これはエクスプローラで操作)し、設定しました。

自動で現在SkyDrive上のファイルがダウンロードされていました。

次からは自動でシステムトレイに入って、同期をするみたいです。

|

« BUFFALOエアステーション[WHR-G301N]2台でAOSSを使ったWDS(エアステーション間通信)の設定方法 | トップページ | Windows7ジャンプリストへ任意のファイル(フォルダ)を追加する方法 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75977/45172516

この記事へのトラックバック一覧です: 激減したSkyDriveの容量を7GBから25GBに戻す:

« BUFFALOエアステーション[WHR-G301N]2台でAOSSを使ったWDS(エアステーション間通信)の設定方法 | トップページ | Windows7ジャンプリストへ任意のファイル(フォルダ)を追加する方法 »