« MySQL LEFT JOIN の LEFT JOIN | トップページ | CD/DVDがエラーで読めない場合 »

2011年8月11日 (木)

パソコンラック パソコンデスク 選び方のコツ(肩が凝らないパソコンラック)

パソコンラックは、便利です。縦に物を収納できるので、狭い部屋ほどパソコンラックは、有効な収納家具となります。

「ウチは狭いからパソコンラックを置く場所なんて無いよ~」

という人ほど、パソコンラックの導入をオススメします。

お客様より、「どんなパソコンラックがいいの?」という質問があったので、パソコンラック選びのコツを紹介したいと思います。

私の兄はカイロプラクターで姿勢にはプロの目をもって厳しいチェックしてもらったところ、太鼓判をもらったので、自信を持って紹介したいと思います。

下記は、お客様への返答のメールを抜粋した物です。

-----------------------------------

私の長年の経験から、一言でいうと、
キーボードを置く場所(スペース)の、奥行きが広い方が楽だと言うことです。

ダメな例は、営業妨害と言われそうなので具体的に示すことが出来ませんが、一般的に「パソコンラック」と呼ばれる典型的なスタイルを思い浮かべてみてください。

キーボードやマウスを置く部分が、スライド式(引き出し)になっており、手前に出てくるタイプです。

このスライド部分が、机部分(天板というのかな?)より下にあり、腕を置く場所がほとんどないので、絶対に肩が凝ります。

↓良い例

このパソコンラックは、キーボードを置く場所が、スライド式ではなく固定の平台で、モニター・ディスプレイが一段上に配置されているので、その下に潜り込ませ、テーブルの奥の方にキーボードをもっていくことができます。

キーボードを奥に配置すると、腕がテーブルに設置でき、腕の重さを軽減出来るので、非常に楽です。

これは、座るイス(OAチェアー)の高さも考慮する必要があります。

イスに座って、キーボードやマウスに手を伸ばしたとき、高さが肘の位置よりもキーボードやマウスの方が下になるときは、腕の重さを肩でモロに支えなくてはならなくなるので、肩コリは必至です。

一般的なOAチェアーの場合、横に高さを調節出来るレバーがあり、油圧式で高さを変えることが出来ますが、私の経験では、一番低い位置まで下ろし、ワンプッシュだけ気持ち上に上げておくのがベストな位置です。

また、モニター・ディスプレイの位置が一段上に配置されるので、目線が上でも下でもなく、水平になるので、首のコリも軽減するはずです。

しかし、このパソコンラックには、一つ注文があります。

足下部分に、パソコンなどを置く台があります。これは無い方がいいでしょう。この台があると、姿勢が前屈みになってしまい、猫背になってしまいます。足下は開けておき、イスに座って足を奥に持って行ける方が、非常に楽です。

(たぶん取り外しができると思うので、はずしておくのがいいでしょう)

|

« MySQL LEFT JOIN の LEFT JOIN | トップページ | CD/DVDがエラーで読めない場合 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75977/41169017

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンラック パソコンデスク 選び方のコツ(肩が凝らないパソコンラック):

« MySQL LEFT JOIN の LEFT JOIN | トップページ | CD/DVDがエラーで読めない場合 »