« 2008年は激動の一年 | トップページ | ロリポップでShift JISページからEUCエンコードでPOSTデータをPHPで受け取る »

2009年2月 1日 (日)

Trend Micro Common Firewall Miniport

Windows Vista HomePremium のパソコンでNTT西日本 光フレッツプレミアムのウイルスバスターと同等の機能を持つ、セキュリティ対策ツールVer.15を使っていて、セキュリティ対策ソフトが動作しなくなった。

バージョン16がリリースされているのでバージョンアップさせてやろうとおもったら、ネットがつながらなくなった。

えらいこっちゃと思って、デバイスマネージャのネットワークアダプタを確認すると、

異常:Intel(R) 82566DC Gigabit Platform LAN Connect
異常:WAN ミニポート (IP) - Trend Micro Common Firewall Miniport
異常:WAN ミニポート (IPv6) - Trend Micro Common Firewall Miniport

となっている。「Trend Micro Common Firewall Miniport」という2項目があやしい。

セキュリティ対策ツールの中に含まれている、サポートツールで完全削除しても、この「Trend Micro Common Firewall Miniport」は消えない。

だったら強制削除!ということで右クリック削除をしても無反応で消えない。

「Trend Micro Common Firewall Miniport」以外の項目(いちばん上のNIC)を削除すると、やっとネットワーク接続ができた。

でもこのままだとセキュリティ対策ツールをインストールしても正常に動作しないだろう。

そこでダメ元でNTT西日本のサポートセンターに電話で聞いたところ、

「Vistaのサービスパックが入っていない状況だと起こる」らしい。

ほんまかいなと思い、現在SP1をダウンロードして実行中です。さてどうなることやら・・・

ということで結果は・・・NGでした。

デバイスマネージャの警告部分は結局とれなかったんですが、一応セキュリティソフト(v16)がインストールでき、ネット通信も可能になった。

が、しかし最後に落とし穴があったんです。

セキュリティソフトのユーザー登録ができなく、またアップデートも通信ができないんです。

security.fletsnet.comと、update.fletsnet.comとに通信しているようですが、ping打っても通らず。

名前解決はできているようなのに???やっぱりあの「Trend Micro Common Firewall Miniport」という怪しい2項目が邪魔しているに違いない。

NTTのサポート曰く、結局「リカバリーして下さい」とのことです。

納得いかん!

実は、NICドライバの開発をしたことのある僕は、奥の手を知っているんです。

それは問題のMiniportドライバが登録されているレジストリ項目と、そのエントリを削除し、そのドライバファイル自体も削除するっていう荒技です。

でもこれには時間と、何より根気が必要な気がするので、また合間を見つけてやりたいと思います。

|

« 2008年は激動の一年 | トップページ | ロリポップでShift JISページからEUCエンコードでPOSTデータをPHPで受け取る »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75977/27665811

この記事へのトラックバック一覧です: Trend Micro Common Firewall Miniport:

« 2008年は激動の一年 | トップページ | ロリポップでShift JISページからEUCエンコードでPOSTデータをPHPで受け取る »